真田丸 哀川翔カブトムシ演じる後藤又兵衛遂に登場!

真田丸、ご覧になりました?

SnapCrab_NoName_2016-8-29_1-12-58_No-00.jpg

後藤又兵衛が遂に登場しました! 配役は芸能界のムシキング、哀川翔!

知ったときからちと不安だったのですが、やはりちょっと微妙でした…。

と、思ったのは僕だけでしょうか。


大阪の堺に家康の墓があるのは、夏の陣で敗走中の家康を又兵衛が籠ごと槍で突いて、

堺に着いたら家康は既に息絶えていた、という逸話がありますが、

それが本当だとすると、一番の大手柄は真田信繁でも毛利勝永でもなく、

後藤又兵衛、ってことになりますね。でも、この論だと時系列がおかしくなるような。

家康を討ち取った後に自分も討ち死にした、ということになりますか。

信繁が切腹寸前にまで追い詰めたのは家康の影武者、ってことになりますね。

確かに大坂の陣の翌年に他界しているのも都合がよすぎる気もしないでもないですが。

また、後藤又兵衛にも影武者説がありますが、さすがにそれはしんどいのではないかと…。



しかし、普通に考えたら家康の墓が大阪にあるわけないですよね。

でも、秀忠、家光も参拝してるんですよね。

山岡鉄舟も「家康の墓」と一筆残しています。

この辺、三谷幸喜は触れるでしょうかね。史実と異なるのでもし触れるとすれば

家康が見た悪夢、みたいな感じで描写されそうですが。


でも哀川さん、もういい歳なんだから誰にでもガン飛ばして喧嘩売るのはやめましょうね。

強いのは分かりましたから。生前の三沢光晴にもガン飛ばしてたそうで。

それ、結婚式場とか喧嘩のできない状況で偉そうにしてもカッコ悪いだけですよ。

三沢と喧嘩できる状況下でガン飛ばすのなら、まあ度胸あるなあ、とは思いますけど。

もう大人しくカブトムシ繁殖しといてください。

矢沢永吉と20分間握手しててください。さすがにこれはマイナーな逸話ですか。

じゃないといつまでもVシネマのイメージでB級の役者のまま終わりますよ!



話が逸れました。ああ、そういや明石全登も登場しましたね!

この人も夏の陣で信繁が特攻を仕掛けたときに毛利勝永らと同じく、大活躍した人です。


いやしかし、関ヶ原まで早いですね。来週はお兄ちゃんと袂を分かち合いますね。

犬伏の別れ、ですね。お父ちゃんの昌幸が一番興奮しているのが意外でした。

西軍東軍どちらが勝っても真田が生き残るために東軍に信幸を就かせる昌幸の策略だとばかり

思ってましたから、最初の頃は。


期待を裏切られましたねえ。もちろんいい意味で、ですが。

来週も楽しみですね!


それでは、また!